すずめのいいたい放題毒舌ブログ
内容は ニュース、時事ネタ、日記、健康法などなどです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パチンコ産業は不況で青息吐息
日本政府、パチンコ産業“首絞めて”4年目…
(ハンギョレ新聞)10日午前、東京市内のあるホテルで『レジャー産業健全化推進協会』という在日
韓国人団体の創立総会が開かれた。・・・

中略

・・・パチンコ不況の一次的原因は日本政府が2004年法改訂を通じて射幸性を低めたため、利用客が減ったことにある。ところが昨年末、日本の金融界がパチンコ企業等に新規融資をしないことを内部的に決定するなど、日本側の牽制が強化された点も作用している。ソース:ハンギョレ新聞(韓国語)



珍しく、イイハナシだー( ;∀;)


昨年6月末に韓国がパチンコを違法化したとのこともマスコミは華麗にスルー(笑)
まあ、あんだけCMうってるからマスコミも報道できないだろうけどね。

しかし逆にパチのこの窮状をうったえ、弾圧されていると世論を動かすという技が使えないから二重拘束に苦しむの図ですね(笑)

さらに消費者金融も昨年12月19日に施行された貸金業法が効いている!

>19日に施行された貸金業法は、消費者金融などが個人ローンを提供する場合の貸出金利について、09年末をめどに出資法の上限金利(年29.2%)を利息制限法(金額ごとの段階で年15~20%)と同水準とすることや、年収の3分の1を超す利用者への貸し出しが制限される(総量規制)などの規制が盛られた。


さらに、微妙な動きも・・・

2006/09/22 借り手の生保加入 廃止相次ぎ検討 大手各社 死亡時の回収見直し(日本経済新聞・9/22)

>大手消費者金融各社が融資の際に借り手にかける生命保険の契約廃止を検討し始めた。
>保険金を債務の返済原資にして遺族から回収する必要がないように始めたが「知らない間に保険金を担保にされている」との批判が高まったため。
>プロミスは10月にも打ち切る方針で、アイフルや三洋信販も近く対応を決める。


まあこれで回収のために追い込むということも無くなると思いますが、遺族に巨額な借金が相続される現状を変えなくては不幸が連鎖しますね・・・

でもとりあえず、これで

[パチスロ]->[消費者金融]->[生命保険]

という地獄への超特急は廃線というわけで、いい流れですね。

このままひっそりとパチンコ産業が縮小消滅すれば3兆円は健全に使われ(希望的観測)日本経済にどのようなインパクトを与えるのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:パチンコ・パチスロ - ジャンル:ギャンブル

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。